忍者ブログ
ニュージーランド在住、甲殻類家族のドタバタ子育て日記
[202]  [198]  [201]  [199]  [200]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさまご存知のように、我家には、長男と次男がいるわけですが、

最近、
自分を人間と勘違いしている長男

そして、

自分も犬だと勘違いしている次男

そんな兄弟なのがマミィーの悩みの種。


自分も犬なんじゃないか?と勘違いしている次男・小えびの
最近のはかない夢・・・・
は、たぶん


ドッグフードを食してみること


POは通常小屋の中でエサを食べるので、
『HOUSE(ハウス)』を言うと、小屋に入ってエサがくるまで待機しています。

それを見ると、どこからともなく小えび登場いたします。

POがえさをもらえる体勢に入ったことが確認されると、
高速ハイハイで一目散にやってきて・・・・

af7299e4.jpeg自分も待機・・・・・・・・・・・・・・しかも自ら小屋の中に入って・・・・・


a55a0ea5.jpegえさがやってくる方向まで知っている・・・・・


c6e6f9e4.jpegけなげなのは、PO・・・ご飯とられちゃうんじゃないかなぁ・・・って思いながらも
文句を言わない・・・・(涙)


a71cfd4b.jpegぼくのだい!!オイラのだい!!(セオよ、それはPOのです!!)


↑ここまできたら、小えび強制退場させられますが、
POさんが怒らないんですよ・・・普通、ご飯を食べてる横から手を出されると、
うなったり噛み付いたりするみたいですけどね、
POもシェアする気満々なのか?

いつかいつか、セオがドッグフードを食する日が来ると思われます。
彼はきっと、
『どんな味なんだろ~な~食べてみたいなぁ~』
って夢を見ているに違いありません。

ま、食べても死にゃ~しませんがねぇ・・・




なんて、書いていたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



その日の夜に、ついに食してしまったようです。
小屋の戸を閉めて、鍵もかけて、万全体勢でPOに食べさせていたのですが、
檻の隙間から手をつっこんで、1つぶにぎり、口に入れました。

すぐ出させたので、なめただけですけど・・・(汗)

やっぱりやらかしました・・・

敵は手ごわい~。

SATOKO
PR
comment
name
subject
color
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
感激の涙
ありがとう!!私もこの性格なのでPOさんの記事だと「さとこちゃん私のために書いてくれたんだー!」といつも勝手に興奮していました。POさんだけもいい。セオくんだけもいい!でもこのセット・・・!!
やっぱり兄弟揃わないとね!一番上の写真はかなりツボにはまりました。セオくん思わず食べちゃったけど、POさん食べられちゃったけど・・・。www さとこMammyほんとに幸せな日々だね☆☆☆
Yuko 2008/08/15(Fri)10:24:58 edit
Yuko
改めて幸せな日々だねって言ってもらえると、生活を見つめなおすいい刺激になります(毎日文句たらたら・・・ってこともあるからね) 社会からちょいと遠ざかっておりますので・・・英語の伸びがないのが気になるけどねぇ・・・
DAISUKE・SATOKO URL 2008/08/17(Sun)12:54:02 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/01 SATOKO]
[06/01 まっきんりー]
[05/28 SATOKO]
[05/28 SATOKO]
[05/27 まっきんりー]
プロフィール
HN:
SATOKO
性別:
女性
職業:
日本でもNZでももと保育士
趣味:
寝ながら読書
自己紹介:
NZにて、2歳の小えびと3歳のかに座のPOと、アラフォーのざりがにくんとドタバタ生活中。
10年前には予想もしていなかった現在の私の生活、人生なるようになる、そしてなるようになった人生も楽しいもんだと感じています。





バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
すくパラもやってるよ☆
忍者ブログ [PR]
♥ sozai : ふわふわ。り Night on the Planet ♥ Template by hanamaru.